契約前と変更前にやること|不動産投資で貧困からの脱却を果たそう|違う未来に
婦人

不動産投資で貧困からの脱却を果たそう|違う未来に

契約前と変更前にやること

住宅

契約前に必ず確認すること

マンション管理会社と契約する場合、責任の所在について必ず明確にしてある書類を作って契約することが大切です。責任の所在について明文化されていない場合、管理会社が責任を放棄するため、管理会社と契約をした意味がなくなります。そのため、契約前に必ず書類を確認し、細かな部分にいたるまで何度も確認し、全ての責任の所在を明確にしてください。マンション管理は自分の不動産物件を委託することだけでなく、店子が快適に暮らせるような環境管理も含まれているからです。店子が納得して住み続ける管理を行ってくれる会社との契約こそ、不動産オーナーとして一番大切な役割といえます。契約書は自分だけでなく、弁護士などと相談して納得できる形で作成することが、委託する前にオーナーが行うべき義務です。

管理会社変更を考える場合

多くの不動産オーナーは所有しているマンション管理を自分で行わず、プロである管理会社に業務委託しています。ただし任せたまま放置せず、定期的にサービス内容を見直し、安心して任せられる企業に変更して管理費用を抑える事は、よくあることです。現在の管理会社とのサービス内容の違いや、契約内容で住人の要望を組んで盛り込みたい部分を確認し、新たなマンション管理会社に相談してください。企業によって見積りを提示することは少なくありませんが、複数の企業から見積りを取り寄せ、内容を吟味して申し込むのが一般的です。管理会社によっては他社への乗換えを禁じた不当な契約をするところもありますが、自治会を開いて契約内容を変更することは可能なので不当な場合は自治会を開いてください。