長期の収益にする賃貸経営|不動産投資で貧困からの脱却を果たそう|違う未来に
婦人

不動産投資で貧困からの脱却を果たそう|違う未来に

長期の収益にする賃貸経営

外観

賃貸経営を事業とする

アパート経営は入居者がいる限りは安定した収益が期待できます。そこで不動産オーナーの関心もとても高いといえます。しかし当初の事業見込み通りの収益を常に生むかといえばかなり不透明です。当初は新築ですから人気もありますが、やがては築年数も経過して設備も古くなるので、空室が発生しやすくなります。当初の事業計画通りには成り立たないで事業として失敗してしまうこともあります。そこで賃貸アパートの経営全般をサブリースにより専門知識のある管理会社に長期間委ねることで、安定的な収益のある事業にしましょう。サブリースなら空室が発生しても家賃保証を受けることができるので、毎月の収入が一定で事業計画をしやすくなります。

アパートの管理を委託する

賃貸アパートでは入居者が入れ替わるのは当然のことです。すぐに次の入居者が決まるとは限らないので、収入の落ち込みをする時期もあります。また入居者に選ばれる物件にするためにも、設備の更新は不可欠になります。サブリースをすることで、すべてを家賃収入にするのではなく、事業に必要な資金として計画的に積み立てて準備ができます。サブリースによって魅力的でしかも資産価値が減らないように計画的にメンテナンスを重ねることができます。確かに短期的には管理費用が発生しますが、それ以上に賃貸アパートを健全に維持して入居者が入るようにできるので、家賃収入が安定的にしかも長期に渡り入るようにできます。賃貸経営には責任を十分に負ってくれる会社とサブリースの契約をしましょう。