民泊をはじめるには|不動産投資で貧困からの脱却を果たそう|違う未来に
婦人

不動産投資で貧困からの脱却を果たそう|違う未来に

民泊をはじめるには

硬貨

民泊とネット予約サービス

世間で話題の民泊とは、空いている部屋や家を宿泊を目的に一定期間貸し出すということです。一般的に宿泊施設としては日本ではホテル、旅館、民宿の3種類がありますが、民泊はこの3つに属さずに、また必要に応じて空いている期間だけ貸すという性質のものになります。つまり、空き家の有効活用策として有益な方法です。一方で民泊を行うためには、部屋を貸し出しているということを周知する必要がありますし、また部屋を貸し付けられるような環境に整える必要があります。このさいに部屋を貸し出していることを周知できる手段がairbnbです。airbnbでは、貸したい人と旅行者などで宿泊施設を探している人を結びつけるものでサービスを行っており、民泊をするさいの強い味方になります。またairbnbとの間の事務を代行する業者もあります。

注意する点

airbnbのメリットは全世界の旅行者が顧客であるということです。特に海外旅行者の多くはairbnbを使って部屋を探していることが多く、その点で収益を得るためのチャンスは大きいといえます。一方でairbnbは部屋の紹介が中心ですので、利用者に対しての対応そのものは貸す側が行う必要があります。また部屋も利用者が快適に過ごせるように適切な環境を提供することが求められます。このためairbnbを利用するにはハードルが高くそれらの業務を扱う代行業者も多くあります。代行業者であれば利用者の応対や部屋を宿泊できる設備へのリフォームなどを行ってくれます。また消耗品の交換なども代行業者を利用した方が費用を安くできるメリットがあります。